大雲寺(だいうんじ)

大雲寺(だいうんじ)

教区 第一教区
住職名 清山拓郎
本尊 阿弥陀如来
住所 〒692−0625 安来市広瀬町奥田原513
電話番号 0854−35−0417
FAX番号 0854−35−0417
メールアドレス t.seiyam@dojyokko.ne.jp
各種講座
  • 梅花流詠讃歌毎月第3木曜日 午後7時30分~午後9時
年中行事 春彼岸法要
盂蘭盆会棚経
秋彼岸法要
沿革と縁起 開創等は安永7(1778)年の火災により不明。
本寺 西比田常福寺
開基 奥田原澤田家
御開山 常福寺 篤巌廣敦大和尚

 天保年間に常福寺15世大淵素道師により本山から法地寺院の許状を得た。
 本堂は明治3(1870)年建立。本堂大間天上には、奥田原小学校3代校長の瀬田氏による龍の絵が描かれている。
 本堂左側の豊川神殿堂は明治2(1869)年、10世大信貫量大和尚が愛知県妙厳寺から豊川稲荷の分霊を勧請し、その後11世貫道重之大和尚が近在多数の篤志者から浄財を集め昭和14(1939)年11月に建立され今に至っている。
 また、奥田原新田地区に『嫁来い観音・婿来い地蔵』がお祀りしてある。竹下元総理の、ふるさと創生事業により建立され、県内外より多くの信仰者の参詣がある。地元の管理組合によって、毎年お盆過ぎに法恩供養を行っている。
ページトップに戻る